« commedia dell'arte との距離感 | トップページ | もう一個あった、元ネタの元 »

2013.06.05

ドン・パスクァーレとマラテスタの二重唱 Cheti, cheti, immantinente

早口で有名なこの曲、ある意味『ドン・パスクァーレ』というオペラ中で最も有名なナンバーかもしれません。
が、じつは初演(1843年1月・パリ)のときにはこれはこのオペラに含まれてなかったんですってね。私も恥ずかしながら今回初めて知りました。

4ヶ月後の1843年5月、初めてウィーンで上演されたときにドニゼッティが、自分のお蔵入りオペラ "L'ange de Nisida" から引っ張り出して挿入したんだそうです。

|

« commedia dell'arte との距離感 | トップページ | もう一個あった、元ネタの元 »

解説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドン・パスクァーレとマラテスタの二重唱 Cheti, cheti, immantinente:

« commedia dell'arte との距離感 | トップページ | もう一個あった、元ネタの元 »