« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年7月

2020.07.30

大阪出張 for 古屋博美ディナーコンサート(会場下見編)

116171342_1839262869545025_1481641051984

そして、会場であるラグナヴェールプレミアの下見。
お食事は美味しいわ、眺めは素敵だわ、請うご期待な会場です。
新型コロナ禍を心配される向きもある昨今ですが、28階にあるここは

・3分でホールの空気が入れ替わる換気設備を装備

・高い天井と広い空間

・100席程のキャパシティがあるバンケットホールを今回は最大60席に絞って配置

・会食時も真正面に他のお客様が当たらないレイアウト

ほか、入念な配慮での対応です。どうぞご安心ください。

そうそう、お会計カウンターに、当該イベントのフライヤーを置いててくれました♪

116091028_1839262939545018_3657157688891

| | コメント (0)

大阪出張 for 古屋博美ディナーコンサート(合わせ編)

114894520_10224283117455784_724305510242

さて、連休明け、ガラガラの新幹線で大阪に出張してきました。8/30の「古屋博美ディナーコンサート」関係です。

まずは合わせ。大変楽しい、やりやすい合わせでした。主催の古屋博美さんとは事前に打ち合わせがてら軽く合わせてはおいたのだけど、小林徹さんを交えて3人全員でやるのは初めて。なんだけど、まずこの小林さん(わし初対面)が、話には聞いていたものの、素晴らしかったです。今回のかなりバラエティに富むプログラムを、それぞれの様式感を的確に出しつつ、例えばこっちが「こうするのがいいかな」と思って歌ってると、それを大体全部察知してサポート(ときにリード)していただける感じ。テクニックも勿論だけど、アンサンブル能力と、あと幅広いジャンルの音楽への造詣の深さがなせるワザかと。素晴らしい。

115996544_10224283118095800_556192309007


バラエティに富むプログラムの各曲を的確に、というと、古屋さんも凄かった。
東京オペラ・プロデュース関係で知り合って(ぴー!)十ウン年だから友人歴は長いんだけどガッツリの共演は去年が初めて、ということで、もしかしたら今回初めて古屋博美の音楽の様々な面をじっくり見られたのかもしれないわだけども、この人は凄い。今回の、オペラもあれば歌曲も歌うしミュージカルも戦前の歌謡曲も……というラインナップ、これ全部、それぞれに適したフォームで歌いわけてます。
よくある「オペラ歌手が歌う○○」みたいな、何でもとにかくオペラ的な良い声で歌う!とか、その逆とか、そういうのでなく(それらはそれらで悪いことじゃないんだけど)、それぞれのジャンルにきちんと向き合ってる感じ。なんというか、真摯で誠実な姿勢、というのが根本にある気がします。そしてそれが開花しているのかも。
特に、ドイツリートが非常に合ってるな、という印象を受けました。オペラ団体で知り合ったから、そっちは全然聴いたことなかったんだけど。

てことで、バラエティに富んだプログラム、僕も(自分にとって)珍しいのをやらせてもらったりします。ミュージカルとかなー。
(・ω・*)

というようなコンサートです。ご来場予定のかたは、どうぞお楽しみに。
また、僅少ですが残席あるはずです。僕のほうでも受け付けられますので、お気軽にお問い合わせください。
m(_ _)m

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年9月 »