日記・コラム・つぶやき

2014.06.28

舞台監督・大澤裕さんと

2014_06_28_with_mr_osawa


一部でよく間違われる、舞台監督の大澤裕さんと。
とても優秀な監督さんで、お人柄も穏やかでにこやかなので、大好きです。(^^*)

With Mr. Hiroshi OSAWA, our stage manager. Same face?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.23

よしえサンの訃報

昨日発売の「イブニング」掲載の須賀原洋行『実在ゲキウマ地酒日記』の内容によると、須賀原さんの奥様=実在ニョーボ‘よしえサン’が亡くなられたそうです。

一昨日にその噂(そういう内容のその作品が載っている)を聞いて買いに走ったのですが、家の近くではフライング発売をしているところが無く、昨日の朝に入手。
本当にそういう内容でした。
あまりのことに言葉も現実感もないのですが、受け容れていくしかないのでしょう。

個人的なことを書くと、そのものズバリのタイトルの作品『よしえサン』に出会ったのが確か学部生の頃だったと思うのでもう二十数年前のことでした。作風とキャラクターに何とも言えぬ愛着を覚え、バックナンバーも新刊も買い揃えてきました。
そうするうちに、当時全盛だったパソコン通信の「NIFTY-SERVE」で須賀原さんが主宰なさっていた会議室に出入りするようになり(今に続くネット人生の始まりです)、須賀原さんご本人とも面識を得、またその会議室での雑談から、青島広志先生に無理をお願いして、須賀原さんの4コマ作品『非存在病理学入門』をオペラ化して上演する、という運びにもなりました。

その初演時に来てくださったのが、初対面でした。
以来数度お会いし、青島先生と名古屋に公演に行った際には楽屋見舞まで頂いたこともありました。漫画のキャラに通じるような面もお持ちでしたが、それと同時に、笑顔の素敵なほんとにチャーミングなかたでした。

更に個人的なことを書くと、うちのヨメも結婚前からよしえサンのファンで、前述のオペラの初演を観に来たのが結婚する運びになったそもそものきっかけです。
従って、よしえサンがいなければ、うちにはヨメが居なかったし、娘も生まれなかったのです。

そのうちにその娘を連れて、ご夫妻がお住まいの名古屋に遊びに行ければ──と漠然と思っていましたが、その機会は失われました。
漠然と、では駄目でした。悔やまれます。

今回のイブニング所載の作品に話を戻すと、いつも通りの須賀原さんのタッチで描かれていて、それがもう、何と言っていいかわからない気持ちになります。描く側も、描かれた側も……。
ちょっと辛くて今再読できないのですが、時が経ったらまた、心して読み返します。
そのときは、これまでの作品もまた、読み継いでいきたいと思います。それこそが、よしえサンの「漫画の中で生き続ける」という遺志に適うことと思うので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.20

1ヶ月目の打ち上げ

2013_07_19_closing_party

昨日、二期会WEEK『ドン・パスクァーレ』、本番日から丁度1ヶ月後の、本打ち上げがありました。

Yesterday, the closing party of our "Don Pasquale" @NIKIKAI Week, just after 1 month from the performance.

Ieri, la festa di chiusura del nostro "Don Pasquale" @NIKIKAI Week, dopo proprio 1 mese dallo spettacolo.


なおこちらの『ドン・パスクァーレ』、特殊な機構や装置を全く必要とせず、ピアノ(と、できればベンチ)さえありましたら、あとは演者が参上すれば公演可能な軽ーいパッケージとなっております。
どうぞお気軽にこちらからお問い合わせください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.28

卒業から数えると

21年ぶり、ですかね。

2013_04_28_mates

昭和63年度入学の、東京芸術大学音楽学部声楽科の男どもです。
これで全員ではないし、また個々には仕事などで顔を合わせることもありましたが、これだけ「同級生で集まろう」と思って集まったのはなかったかも。
このメンツ──今日集まれなかった人も含めて──で来年あたり、何か楽しいことができないかな、という話になっております。こちらも請うご期待!です。(^^*)

ちなみに写真に写ってるのは、
後列向かって左手から: 成田眞,本岩孝之,佐野成宏,神尾昇,泉良平
前列向かって左手から: 畠山茂,萩原潤
ですね。

We are old friends! We went to the same university, Geidai.

NARITA Makoto, MOTOIWA Takayuki, SANO Shigehiro, KAMIO Noboru, IZUMI Ryohei,
HATAKEYAMA Shigeru, HAGIWARA Jun.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.26

二期会WEEK2013『ドン・パスクァーレ』 打ち合わせ

に、行ってきました。

2013_04_26_don_pasquale_meeting

演出の彌勒忠史さんと、です。

With our Don Pasquale's multi-talented stage director, Mr. MIROKU Tadashi. He's also a countertenor with a beautiful voice, you know.

二期会会館近くのカフェで密談したあと、折角なので二期会事務局へ。マネージャーさんたちともお話したりしたあと、これも折角なので、玄関ホールで松田マネージャーに写真を撮ってもらいました。

打ち合わせ内容のほうはといえば、色々と固まりつつあります。ご期待ください。(''*)

チケットのご用命・お問い合わせはこちらのメールフォームから、私のほうまでお気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.04.15

二期会WEEK2013『ドン・パスクァーレ』 音楽稽古中です

2013_04_15_don_pasquale_member


二期会WEEK『ドン・パスクァーレ』、第3回目の音楽稽古でした。

The 3rd musical rehearsal of the "Don Pasquale" @NIKIKAI Week.

La terza prova musicale del "Don Pasquale" @NIKIKAI Week.

関係者が見たらピンと来るだろう場所で写真を撮りましたが稽古はこの場所ではなく(笑)、この近所ででした。
向かって左手から、ピアノの小埜寺美樹さん,マラテスタ役の佐藤望さん,ノリーナ役の上村朝子さん,ドン・パスクァーレ役の畠山茂,そしてエルネスト役の大川信之さん。

ONODERA Miki @piano, SATÔ Nozomu @Malatesta, KAMIMURA Asako @Norina, HATAKEYAMA Shigeru @Don Pasquale, ÔKAWA Nobuyuki @Ernesto.

音楽稽古とはいえ言葉の行き先の相手に軽く芝居を投げたりアクションを入れたり、また小埜寺さんと各自熱心にテンポやニュアンス等を打ち合わせたり(今回は指揮者なしの公演なので)、なかなかノリノリな雰囲気になってきました。
(`・ω・´)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.25

長雨の前に

Dscf2235

ウォーキングしてきました、昨日の朝。バスに乗って出かけてそこから歩いて帰る方式。

急に秋になったここのところにしては暑い日でしたが、さすがは秋、空気感が夏とはまるで違います。汗をかいても、日陰で止まると心地いい。

今日から暫くは雨と、台風の心配があるみたいですね。気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.26

今朝の娘

2012_05_26_this_mornings_tatan

たまにはヨメの描いたマンガでも……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.21

金環日蝕

2012_05_21_eclipse


ご覧になりましたかっ。
僕は見ました、『アルファとオメガ』日本初演の翌朝という眠さもものともせず、自宅前で!

同公演に関する記事は、また千秋楽(23日(水))後に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.29

「ただいまー! (即) いってきまーす!( ^^)」

Dsc_5167

というのを、娘がやるようになりました。

……スリッパの上に(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)